医者だって世界一周したいんです

医師免許取得後、世界一周する医者のたまごのブログ

憧れのリゾート!サントリーニ島で野宿してみた!

ヤーサス

 

ギリシャに来た最大の目的。サントリーニ島へ行ってきました。

 

世界の絶景だったり、リゾート地を調べると必ずと言っていいほど出てくるこの島。

名前はわからなくても青と白の綺麗なやつ。でみんな「あー!!」ってなるあの島です。

 

この島、有名なだけあってホテルとかも目ん玉飛び出るくらい高いんです(バックパッカーの2週間分位を1日で浪費しちゃいます)

 

でもでも、どんだけ貧乏バックパッカーであっても是非見たい!行きたい!!

 

事前情報として野宿情報調べてもまあ出てこない。

僕みたいなバックパッカーも泣く泣く高い金払って泊まってるんだろうなー、、

 

一応テントサイトはあることにはあるみたいだけど20ユーロくらいかかるみたい。

そんだけ払うならシングルのホテル泊まれるのになんで高い金払ってテント張らないといけないの!ってことで却下。

 

とりあえずテント背負って行ってみた。

大きい荷物はアテネの宿で預かってもらうのがオススメです。

特に野宿するつもりなら!

 

 

アテネからはフェリーを使って行きます。

飛行機は直前すぎて安いのがなかったです。

フェリーは固定で片道40ユーロ...

しかも1番安い自由席...

ますます現地でお金使えない...

 

フェリーは約8時間くらい。久しぶりの船旅でテンションあがる!!

座席の下にコンセントもあるので充電できました!

f:id:tuncadfuisses-9:20180910022036j:image

 

何とか席を確保して船に揺られること8時間。やっと着きました。時刻は午前3時。

 

ほかの乗客はチャーターしてあるバスやタクシーに乗ってホテルへと消えていきます。

 

 

それを横目に野宿できそうな場所を物色。

海沿いは人が多すぎるし、、

 

 

うろうろしてたらお店の横に坂があって、少し登ったらいい感じの駐車場見つけた!!

 

 

ここを僕のホテルとすることにしましょう

 

 

 

 

 

夜中何回か車が駐車のために来ましたが特に何も無く、無事朝を迎えました。

 

テントの中にいる時の無力感すごいんだよなー

襲われたら絶対勝てない感じ笑

f:id:tuncadfuisses-9:20180910022530j:image
f:id:tuncadfuisses-9:20180910022601j:image

 

結論として、テントがあれば野宿は余裕でした。テントがない人は、港に24時間営業のカフェがあるのでそこで時間を潰しましょう。

 

 

さあ、しっかり寝れて絶好調!サントリーニ島観光行くぞー!!

 

 

港からはバスが出ていて、そのバスでまずは島1番の街であるフィアへいきます。

 

バスは路線バスと言いつつもふつーに観光バスみたいな感じ。

2.3ユーロでした。

ほかの区間は全部1.8ユーロだったんだけどなんでだろ

 

フィアのバスターミナルに本日の時刻表が貼られてるのでしっかり確認しましょう。

f:id:tuncadfuisses-9:20180910023033j:image

 

坂道が結構多くて、昼になるとめっちゃ暑い、

f:id:tuncadfuisses-9:20180910023413j:image
f:id:tuncadfuisses-9:20180910023418j:image
f:id:tuncadfuisses-9:20180910023355j:image

 

どこもかしこも青と白ばっかり!

民家を覗いたらペンキを塗り直してるおじいちゃんがいたりして、みんなこの景観を守るために頑張ってるんだなー

 

お腹めっちゃ減ってたんだけどレストランの値段にびびって近くのマーケットで食べ物買って景色見ながら食べることに。

 

気分はオープンテラスでコーラ飲みながら優雅にサンドイッチを食す

いつかお金を稼いで戻ってくるんだと誓います。

 

フィアも素敵だったんですけど、やっぱりサントリーニ島と言えば!のあの景色を求めてイアっていう街に移動します。

 

イアは世界一の夕日と言われるくらい夕日が綺麗に見えるみたいです。

 

今まで日本で綺麗な夕日を求めて色んなとこを旅してきましたが、ことごとく天候に邪魔されて見れた記憶がほぼないから今日こそ!と期待大!!

 

とりあえずまずはイアの街の散策。

 

フィアよりも街がコンパクトなので回りやすいです。

f:id:tuncadfuisses-9:20180910024430j:image

 

そしてついに...

 

 

 

 

 

 

 

f:id:tuncadfuisses-9:20180910024526j:image

 

これこれー!!!!!

f:id:tuncadfuisses-9:20180910024731j:image

はあぁぁぁー、なんでこんな綺麗なんだ!

自然系の方が好きだけどさすがにこの景色には脱帽!

 

野宿のつらさは吹き飛びます。

 

しばらくパシャパシャ撮ったりぼーっと見とれてました。

30分くらいいたのかな?

その間に写真を撮ってくれと頼まれること10回超。

 

 

いいんです。一眼首からぶら下げて1人で突っ立ってるからどーせこいつ暇だろって思われるのは100歩譲って気にしません。

 

 

 

 

だがしかしBut!!

 

 

1.2.3でチューするのはやめてくれ...

 

 

怒りで震えて手元ぶれるわ...

 

まだまだ人の幸せを心から喜べない25歳なのでした。

 

 

評判通りの景色を見たあとも、さらなる絶景を求めて歩いていると、個人的にすごく好きなスポット発見しました。

 

 

f:id:tuncadfuisses-9:20180910025738j:image

 

ギリシャの国旗と教会のモニュメントの影がいい感じ!

 

 

他にもおしゃれ感で作ったはいいけどおよそなんの電力も発電できなさそうな風車とか

f:id:tuncadfuisses-9:20180910030007j:image

 

 

 

f:id:tuncadfuisses-9:20180910030244j:image

花も自分が映えてるって分かってるわ絶対

 

イアはほんとに広くないので2時間もあればたくさん写真も撮って、回りきれます。

 

 

 

時刻は午後4時。日没までは後3時間。

ここでついにWiFiと涼しさを求めてカフェに

逃げ込みます。

 

 

 

オシャレなスムージーとかは華麗にスルーして

迷わず一番安いサンドイッチをどや顔で注文。

 

 

この後3時間居座るやつの態度とは思えませんね。

 

f:id:tuncadfuisses-9:20180910030606j:image

5ユーロ(650円)

 

 

文句付けようとしたけど3時間居座ったんだった!!

 

 

 

最高の味でした☆☆☆

 

 

 

 

そして日没間近。

再び写真スポットを求めて繰り出します。

 

が、さすが世界一の夕日。

人でごった返してます…

 

人混みに負けず何とか夕日スポットへ。

 

 

f:id:tuncadfuisses-9:20180910031118j:image

 

風車よ!さっきは悪口言ってごめん!

君めっちゃ素敵だよ!!

 

f:id:tuncadfuisses-9:20180910031751j:image

 

 

ここで告白したら絶対成功する気しかしない。

 

その前に、告白したい人どーやってここまで連れてくるんだ

 

 

そして欲張ってほかの夕日スポットもはしごすることに。

 

f:id:tuncadfuisses-9:20180910031524j:image

 

 

 

そしてついに念願のまん丸の夕日が!!!

 

f:id:tuncadfuisses-9:20180910031850j:image

 

久しぶりってか初めてこんな綺麗な水平線に消えていく夕日を見た。。

 

 

 

さあ、日も落ちて帰りのフェリーは明日の朝6:45出発。

 

早いとこホテルに帰りましょう。

 

帰りはバスを乗り継いで港まで。隣のレバノン人夫婦にテントで寝るって言ったら笑われました。

 

フェリー用に食べ物と飲み物を買っときましょう。

 

昨日と同じ場所でホテルの設営開始。

 

歩き疲れてたのかすぐに就寝。

 

帰りのフェリーも爆睡してアテネまで帰ってきました。

 

まずはとりあえずシャワーを浴びたい!

 

 

ギリシャは他にも観光地はありますが、東ヨーロッパはあんまりゆっくりしてられないので次の国、アルバニアへ行くことに。

 

今度は2人で戻ってくると固く誓ったのでした。