医者だって世界一周したいんです

医師免許取得後、世界一周する医者のたまごのブログ

【タンザニア】凶悪都市ダルエスサラーム(空港から市内までの移動、タンザン鉄道)

 

ジャンボー!!

 

 

エチオピアからケニア経由でタンザニアの首都ダルエスサラームへ。

 

 

昼の13時過ぎから空港で待ってたんですが2:30発のケニア航空が欠航になり、結局振替のフライトが翌日朝になったので航空会社にホテルを用意してもらって2時間寝てまたすぐ空港ヘ。

f:id:tuncadfuisses-9:20181109210725j:image

 

そして経由地のナイロビでも飛行機が2時間遅れるっていう災難に見舞われながらも無事ダルエスサラームに到着しました。

f:id:tuncadfuisses-9:20181109210712j:image

 

本来10時に着く予定が着いたのが17時…

 

こわい…

というのも

 

ダルエスサラーム

南アフリカヨハネスブルグケニアのナイロビと並んで堂々の

アフリカ三大凶悪都市となっております。。。

 

 

もうねー、名前が悪い。

 

 

ダルエスサラーム

 

 

悪者たくさんいそうだもん。

 

ダルエスサラームの本来の意味はアラビア語平和の地らしいけど笑

 

着いたのは夕方17時。

まだ日は出てますが大事をとってタクシーに乗りましょう!

 

 

 

 

 

 

 

はい、

あなたやられますよ!!!!

 

 

 

 

ダルエスサラームで有名な犯罪が

タクシー強盗

 

 

タクシーに乗ったあと、知らない場所に連れていかれて金品を巻き上げられたりATMで限度額まで引き下ろさせられる

 

または

 

タクシーに乗ってたらどんどん他の人が乗り込んできて

以下同文

 

 

 

安易にタクシーは乗らないようにしましょう。

Uberが結構普及してるのでまだその方がいいと思います。

 

 

なので僕は市民の足にもなっているダラダラ(ミニバス)でホテルの近くまで行くことにしました。

 

ただ時刻は日没前、

無事宿にいけるのでしょうか…

 

 

空港を、出てまっすぐ歩いていくとガソリンスタンドがあり、その前の道路を渡ったところにバス停はありました。

バイクタクシーもたくさんいてめっちゃ声掛けてくるけど無視しましょう。

 

日本人がよく行くであろうエコノロッジやサファリインへはここから行けます。

 

ダラダラはたくさん来るので周りの優しそうなおばさんか、身なりのきちんとした人にPOSTA

に行きたいって聞くか、沢山来るダラダラにポスタ!ポスタ!って聞きましょう。

 

POSTAは港町でここらへんからザンジバル島へのフェリーも出ています。

 

f:id:tuncadfuisses-9:20181109212810p:image

 

 

上手く乗り込めたらあとはスリに気をつけて。

乗る前にお金は先に用意しとくのがベターです。

400〜500タンザニアシリング(20~25円)が相場なので空港でお金を下ろした時はバス停の近くの売店か空港で必ず小額のお金をGETしといてください。

(ポスタまでって言うと少しだけ高くなるのかもしれないですが10円くらいの誤差)

 

僕が乗り込んで走り出した時にはもう外はすっかり夜。

ダラダラの中を見回すと暗闇に浮かぶ白い目。

明らかに注目はされています…

 

けどまあダラダラの中で襲われることはよっぽどないと思うのでスリにだけ気をつければ特に問題は無いです。

そのために、

携帯を不用意に出さない。財布も同じく。小さいバックは前掛けにするなど基本的なことは必ず守ってください。

 

 

ちなみに昼間はこんな感じ

f:id:tuncadfuisses-9:20181109212753j:image

昼も夜も満員でした。

 

 

ポスタまでは当分真っ直ぐなので問題は無いです。

 

ただ宿の近くに降りたいですよね。

そこでポイント。

 

ずっと真っ直ぐのダラダラが大きく左折し始めたらそろそろ降りる準備をしてください!

 

だいたい乗り始めてから30分くらいだったかな?

 

本当に降りたいバス停はBaridiという所です。

f:id:tuncadfuisses-9:20181109213135p:image

 

集金係のお兄さんにバリディで降りたいって伝えてもいいし、注意深く聞いてればバリディってお兄さんが叫んでます。

 

とにかくあんまり携帯は出さないように!

 

 

 

ここで降りれたらもうどっちの宿でも徒歩五分くらい。

小走りで宿に駆け込みましょう!

 

2018年現在サファリインの方が少し安かったですが、僕の泊まったエコノロッジは部屋でWiFiが使えました(しかもサクサク)

サファリインはフロント周りしか使えないって言われました。

 

 

さて翌日。

 

今日はタンザン鉄道のチケットを買いに行きます。

タンザニアザンビアを結ぶ鉄道で、48時間but遅れること必至のロマン溢れる鉄道旅です。

 

窓口のダルエスサラーム駅(Tazara駅)までもダラダラですぐです。

 

空港方面へ向かう側の道路でダラダラを止めて、Tazara! Tazara station!!って伝えて合ってれば乗せてくれます。

市内は確実に400シリングで乗れます。

 

f:id:tuncadfuisses-9:20181109214512j:image

 

これが駅

f:id:tuncadfuisses-9:20181109214545j:image

 

中に入ると左手に切符売り場があります。

 

  • 営業日は月から金まで。
  • 鉄道が運行してるのは火曜と金曜
  • 時間は13:50発(火曜)
  • クレジットカード使用不可、ATMは駅構内にはなし
  • 1人で何人分かをまとめ買い可能
  • パスポートとかは不要(念の為あるといいかかも)

 

って感じです。赤字の部分が事前に調べても分からなかったところ。

 

これが料金表

NKMが終点のザンビアの街です。

 

火曜

f:id:tuncadfuisses-9:20181109215100j:image

 

金曜

f:id:tuncadfuisses-9:20181109215048j:image

 

僕は火曜の分を5日前に友人の分もまとめて買いに行きましたが結構埋まってました。

早めの予約は大事ですね。

 

 

無事チケットも買えて、宿に戻ってから街を散策してみます。

 

 

ダルエスサラームも道路は舗装されてて結構綺麗。

f:id:tuncadfuisses-9:20181109215537j:image
f:id:tuncadfuisses-9:20181109215528j:image

 

 

街中ではコーヒーが売ってました 10円
f:id:tuncadfuisses-9:20181109215457j:image

 

このあとオッサンが飲み終わったコップを親指で洗ってるのを目撃してしまう…

 

 

昼ごはん
f:id:tuncadfuisses-9:20181109215508j:image

ガリという穀物の粉を練った主食は明らかに僕が嫌いなので、Wali Nyamaというお米と牛肉のご飯に。2500シリング(125円)

スープがトマトベースでお米に混ぜて食べたらめちゃくちゃうまい!

副菜の野菜も美味しいです。

 

タンザニアでは牛肉が鶏肉より安いのにびっくり!

 

 

 

これはBRTという専用のバス駅。

かなり綺麗でした。
f:id:tuncadfuisses-9:20181109215518j:image

 

 

 

街を歩いた感じとしては、そこまでの危険は全く感じませんでした。

 

また、エチオピアと違ってタンザニアの人達はシャイなのかな?

全然話しかけて来ないです。

(エチオピアはウザかった)

 

 

夜もご飯を食べにで歩いてましたが、大通りは街灯も多く、人通りも沢山あるので危険性はあんまり高くないような気もします。

 

 

やはり手ぶらでお金とかもたくさんは持たずに歩くのが大事だと思うので、最低限そこは気をつけることは忘れずに。

 

 

夕飯に食ったTen to tenの近くの中華料理屋。

麻婆豆腐20000シリング(1000円)

f:id:tuncadfuisses-9:20181109220344j:image

 

高いけど久々の豆腐。そして僕の一番好きな料理麻婆豆腐を久々に。

 

 

麻婆豆腐ではないような気もするけど美味しいし量もたくさん!

みんなでシェアして食べたい

 

 

 

 

 

【世界のビール】

Kenya Whitecap☆☆☆

f:id:tuncadfuisses-9:20181109220641j:image

 

乗り継ぎのラウンジで。

炭酸が強めで味はやっぱり薄い。

急いで飲んだので味わえなかったけど悪くなかったと思う。

炭酸強いなーって思ったのが印象的