医者だって世界一周したいんです

医師免許取得後、世界一周する医者のたまごのブログ

【レバノン】アルファベットの起源、ビブロスへ

 

マルハバン!

 

ベイルートトリポリの間にある、ビブロスという街へ行ってきました。

現地人はジュベイルと呼んでます。

ビブロスギリシャ人がつけた名前でそこから派生して、

ビブロスビブリオン(本)→ビブル→バイブル(聖書)に繋がったと言われてます。

 

 

 

ここは古代フェニキア人の発祥の地であり、フェニキア文字がアルファベットの元になっているので=アルファベット発祥の地と言われています。

 

 

フェニキア人…

 

ぎりぎり高一の頃の記憶をたどるとなんか船とか作って色々栄えた人達とかだったような…

 

 

調べたらやっぱり!

レバノン杉を使った船で、主に地中海貿易を行っていた集団だったらしいです。

 

 

 

レバノンの大きさは岐阜県くらいで、海沿いに幹線道路があるので、この三都市間の移動はセルビスに乗って、方向さえ合ってればちゃんと着きます。

 

 

トリポリからはヒッチハイクしてみました。

本線の車はかなり飛ばしてるので本線に合流する地点で開始。

 

 

 

5分くらいでおじさん2人組が捕まりました。

この国も優しい人が多いのね。

 

 

30分くらいで到着。

f:id:tuncadfuisses-9:20181017165200j:image
f:id:tuncadfuisses-9:20181017165142j:image

さっそくビブロス城へ。

 

この城はビブロスの様々な国に支配された歴史を反映する複合遺跡で、作っては壊され、その上に新しく作られて…を繰り返して今に至ります。

 

城門

f:id:tuncadfuisses-9:20181017163034j:image

 

こういう遺跡跡がそこらじゅうに。
f:id:tuncadfuisses-9:20181017163123j:image

 

出土品かわいい
f:id:tuncadfuisses-9:20181017163110j:image

 


f:id:tuncadfuisses-9:20181017163052j:image
f:id:tuncadfuisses-9:20181017163044j:image

 

十字架軍の砦
f:id:tuncadfuisses-9:20181017163100j:image

 

ミニミニローマ劇場

幼稚園のお遊戯会レベルの箱

これがいっちゃんかわいかった

f:id:tuncadfuisses-9:20181017163740j:image

 

結構広くて、歩き回ってたら暑くなってきた。

昨日は野宿してたからシャワーも浴びれてないし…

 

 

 

 

目の前に地中海あるやん!!

 

 

 

てことで海へ!

当然替えの下着も水着もないので全裸で飛び込む!!

少し離れたとこの海岸ででムスリムの女の人が貝とか拾ってたので見つかったらやばすぎ!!

 

 

 

地中海は生まれたままの姿の僕を優しく包み込んでくれました。

 

 

ひとしきり泳いで涼んでたら、おじさんが寄ってきた。

やばいと思ってすぐにパンツだけ履いてたら、

話しかけてくる上裸のおじさん!

周りは誰もおらず!

 

これはもしや、

 

 

 

 

 

ゲイの襲来!?

 

 

 

 

 

なんてことはなく、普通に仕事終わりに泳ぎに来てるおっちゃんでした笑

 

話してるうちに仲良くなって、俺が今から観光手伝ってやるよ!とのこと!

 

 

疑ってごめんね!

f:id:tuncadfuisses-9:20181017164422j:image

 

お腹減ってたのでとりあえずなんか食べたいって言ってたらシュワルマ屋さんへ。

 

シュワルマとは、ケバブサンドみたいなやつなんですが、レバノンのシュワルマはガーリックがかなり効いててめちゃくちゃうまい!

f:id:tuncadfuisses-9:20181017165316j:image
f:id:tuncadfuisses-9:20181017165327j:image

トルコとかでたべたのと比べてもダントツここのシュワルマがうまかった!

 

そのあと教会とか、教会とか、教会とかに連れて行ったりしてくれて明日ヨルダンにもう行かないといけないんだ、

 

とか話してたらお前Harissaの聖母はいったか??と聞いてきたので言ってないよー!って言ったら、よし行くぞ!!とのこと。

 

いやー、また教会っすか…

と思いつつもおじさんのご好意に乗っからせていただくことに。

 

 

レバノンは中東だし、ムスリムの国っていうイメージが強かったんだけど、半分位はキリスト教だし首相はキリスト教って決められてます。

 

宗教によって住む都市も微妙に分かれてて、トリポリとかはムスリム

ビブロスとかはキリスト教ばかりが住んでるみたい。

 

だからここではビールもワインも飲めるしカジノもあれば、ナイトライフも充実してるみたい。

 

ヨーロピアンがナイトライフを楽しみに沢山来るそうな。

 

 

で、車で15分ほど走って山を登ると見えてきたのはまた教会。

f:id:tuncadfuisses-9:20181017170108j:image
f:id:tuncadfuisses-9:20181017170115j:image
f:id:tuncadfuisses-9:20181017170127j:image

晴れてたら青空とオレンジが映えて綺麗なんだろうなー!

 

そこから少しいったとこにHarrisaの聖母像がありました。工事中だったけど。

 

f:id:tuncadfuisses-9:20181017170440j:image

 

見晴らしはとても良かったです。

f:id:tuncadfuisses-9:20181017170514j:image

 

ロープウェイもあるので麓から車なしでも来れますよ。
f:id:tuncadfuisses-9:20181017170524j:image
f:id:tuncadfuisses-9:20181017170507j:image

 

晴れた時に来たら絶対にもっと綺麗だと思う!

 

場所はここらへん。

f:id:tuncadfuisses-9:20181017170841p:image

 

 

おじさんに幹線道路まで送ってもらい、ここからヒッチハイクベイルートまで戻ります。

 

の予定だったんだけど暗すぎて存在に気づいてもらえず、セルビスでDolaまで、そこから乗り継いでホストの近くの家まで行きます。

 

 

Dolaについて、〇〇の街行きたい!って言って地図も見せたらこれだこれ!乗れ乗れ!!と乗せられなぜかトリポリ方面に走り出すセルビス…

 

 

走り始めて30分くらい言い出せず、バスか曲がるのをひたすら待つも、無常にもバスはどんどんと逆走してついにはビブロスの近くまで…

 

 

さすがにやばいと思って周りの人に聞いたらやっぱり違うバス…

 

タイミング悪く雷雨がひびき出す…

 

ずぶ濡れになりながらDola行きのセルビスに乗り込み、元の場所へ。

この時間返せ…

 

今度はちゃんと方向確認してお家の方へ。

 

ホストの家に着いたらめっちゃ心配されてました。ごめんなさい。

 

 

レバノンの次はヨルダンへ。

 

ペトラ遺跡楽しみー!!

 

 

 

【世界のビール#6】

レバノン Almaza ☆☆☆☆☆

f:id:tuncadfuisses-9:20181020051522j:image

 

出ました五つ星!!

中東でビール飲めるなんて!!そしてなんてうまいんでしょう!!

レバノン産のビールです。

濃さはそこまでなく、スッキリしてて飲みやすい。後味も良くてがんがん飲める!!

150円くらい!