医者だって世界一周したいんです

医師免許取得後、世界一周する医者のたまごのブログ

日本人として旅をするということ。

 

旅先で出会う人に日本人だよって言うとほぼ間違いなく好意的な反応をしてくれる。

 

 

日本が好きだ!

〇〇っていうアニメとか漫画をみてる!!

日本に行きたい!

etc...

 

この一言でこっちも嬉しくなるし、仲良くなれる。

 

 

総じて日本という国に対して好意的でリスペクトしてくれる人が多い。

 

これは今までの日本の海外支援だったり日本独自の文化の構築だったりもあるし、ぼくら旅人からしたら、今までその国を訪れた旅人の振る舞い方も大きく寄与してると思う。

 

 

 

そんな国々に新しく訪れた僕は何ができるのだろう。

 

結論から言ってできることは少ない。

 

ただ僕は守ってる自分ルールがある。

 

 

ホステルをチェックアウトする時はベットを片付ける

 

もちろん忘れ物がないかの確認も含めてだけど、ホステルはホテルとは違って、チェックインの受付をしてくれた人がベットメイキングや掃除などもすることが多い。

 

日本人としてチェックインして、チェックアウトした後にぐちゃぐちゃの布団や枕が散乱してるよりは、ある程度たたんであったりした方が宿に対する感謝が伝わるかな?

 

 

バックパッカーのみなさんも色んな自分ルールがあると思うけど、次に旅する日本人のことも考えて旅できたら素敵ですね☆

 

 

 

あとは、ルールではないけどこれから先起こるであろう災難に対して徳を事前に積んでおこうって思っていつも旅してる。

 

Lvivにて、ATMでお金を下ろそうとしたら画面が取引中のまま。

キャンセルボタンを押したらカードが出てきた。

 

周りを見渡すけど持ち主が見つからない。

 

自分の置き換えて考えたら血の気が引くなーって考えてすぐ横の商店のおばちゃんに忘れ物だから預かっといてあげてくださいと伝えるけど断られる。。

 

とりあえずカードの持ち主が現れるまでATMの前で待つことに。

 

 

 

30分経っても現れない...

 

結局そのあとも現れず、もっかいおばちゃんに交渉して預かってもらったけど、こういう時に徳を積んどいて、いつか来たる災難に備えてる。

 

 

くだらないかもだけど、今まで窮地を切り抜けてこれたのはこういう小さい行いがあるからだと信じて明日からも旅していく。