医者だって世界一周したいんです

医師免許取得後、世界一周する医者のたまごのブログ

【イラン】シーラーズ観光[3ドルで泊まる方法]

 
こんにちは!
ヤズドからシーラーズに来ています。
 
こっちもとても暑いです、、
5月で日中32℃くらい
 
シーラーズも観光スポットは街中に集まっていてまわりやすいです。
 
僕がほかの街でどこの街が好き?って聞いた時もシーラーズって答えるイラン人が多かった印象。
 
それでは、
 
僕的シーラーズおすすめベスト3
いってみましょう!!←突然
 
 
第3位  アリーエブネ聖廟
 
f:id:tuncadfuisses-9:20180529184948j:image
 
廟というのは偉い人のお墓があるとこみたいな感じで、日本でいうと古墳みたいな??
 
シーラーズにはShahchraghというもっとでかい聖廟があります。
f:id:tuncadfuisses-9:20180529185100j:image
 
ここもすごく綺麗で夜のライトアップは金色に輝くモスクがとっても良かったです。
 
ですが、個人的にはこっちがおすすめです。
 
まず荷物を預ける必要がないのでカメラなども持ち込める点。
 
次に無料のガイドなしでも回れる点。(シャーセラーグでも入口で何も言われなければ可能です。)
 
一応アリーエブネにもtouristinformationみたいなのはあって、僕はそこでお菓子とお茶、さらには帰りにポストカードをもらいました。
 
中はほとんど同じですがこっちの方が緑がかってる感じ。
f:id:tuncadfuisses-9:20180529185244j:image
 
聖廟の内部は、鏡張りになっていて、その理由は中を明るくする目的と、ろうそくの火などを使うと絨毯に燃え移る恐れがあるから、ひとつの光と太陽光を鏡で反射させてこんなにも明るく保っているんだそうです。
 
f:id:tuncadfuisses-9:20180529190203j:image
とにかく中はキラッキラです。
 
 
理由としては、こじんまりとしていて観光客もそんなに多くなく、落ち着いて見ることが出来たからと、なによりおみやげくれたことで上機嫌になったからですね。はい。
 
 
 
 
 
第2位  ベルセポリス&ネクロポリス
 
スケールのでかさと廃墟となったその姿に歴史を感じました
f:id:tuncadfuisses-9:20180529185555j:image
ベルセポリスはとにかくおっきくて、まわるのに1時間以上はかかるくらい。
そもそもシーラーズからは少し離れてて、多くの人はツアーを組んで行きます。その場合で20ドルくらいらしいです。
 
20ドルは高いのでの自力で行くことにしました。
 
 
 
 
 
結果として
 
往復で25000リアル(50円)で行けました!!
 
まずはシーラーズのバスターミナルからMarvdashtという街まで行きます(25000リアル)
 
車内はたまたま僕以外女性だけでした。
後ろに座ったグループにバリバリのペルシア語で話しかけ続けられて40分くらい経ち、ようやく到着。
そのうちの女の人2人がが、
「ベルセポリス行くんでしょ?着いておいで!」と言ってくれ、着いていくことに。
 
タクシー探してくれるのかな?と思ったら彼女たちの妹夫婦が登場してベルセポリスまで送ってくれました!!
さらには一緒に着いてきてくれてなんと観光案内してくれるとのこと!!
 
 
 
 
 
ペルシア語で...
 
はい、辛かったです。若干1時間半くらいみっちりペルシア語で説明受け続けできました。
なのであまりゆっくりまわれずさらには途中でマネーがなんちゃらって言ってきて、
 
え!?何もわかんなかったのに俺ガイド代払うの!?状態でベルセポリスが一望出来る山の中腹まで行くのもやめ、ただただここで写真を撮れ!と言われるがまま彼女達について行きました(笑)
 
f:id:tuncadfuisses-9:20180529185756j:image
f:id:tuncadfuisses-9:20180529185742j:image
f:id:tuncadfuisses-9:20180529185727j:image
f:id:tuncadfuisses-9:20180529185750j:image
f:id:tuncadfuisses-9:20180529185733j:image
 
 
それでも事前に下調べしていたので、この絵があれかー!とかいろいろわかって(決してガイドさんのおかげではないです。)
楽しかったです。
 
 
 
結局お金をとられることはなく、(疑ってしまって本当にすみません。)
 
夫婦も車で待っててくれるという謎の展開。
とりあえず機嫌取りに写真撮っといてあげようと思ってパシャリ。
f:id:tuncadfuisses-9:20180529185837j:image
 
喜んでました。
 
次はどこに行きたいんだ?と聞いてくれたので、
 
ネクロポリスに行きたい!! 
けど自分で行くよ!タクシーいるし!
みたいなことを言ったんですがうまく通じず、てかむしろネクロポリス?どこそこ?って感じでいいからついてこい!となかば強引に車に乗せられ向かった先は夫婦のおうち。
 
 
 
ランチタイムです
 
お腹減ってたからね!これは嬉しい!!
作ってくれてる感も機嫌取りでたくさん写真撮ってました。
f:id:tuncadfuisses-9:20180529185923j:image
f:id:tuncadfuisses-9:20180529185931j:image
素敵なおうちで美味しいご飯をいただきました。
 
食後は日本のこと、イランのことを翻訳まじりで色々話してたら16時くらいに。
 
送ってあげる!と言ってくれたのでネクロポリスはあきらめMarvdashtのバスターミナルへお願いします。と言ったんですがあきらかに違う方向へ走り出す車。GPSで確認しつつ、言い出せずに走ること15分、
 
 
 
 
 
ネクロポリスへ連れてきてくれました!!一切お金を要求することなく!
 
金のことばっかり考えてた自分があさましいし、なんならここまでしてもらってるんだから払うのが普通だろって思ってお金を渡そうとしても受け取ってくれない。。
 
後で調べたらペルシア語ではナクシュロスタムというらしい。
僕がご飯にがっついてるあいだに調べてくれてたみたい。。
 
ありがたくご好意に甘えて、(案内してくれると言ってお姉さんが着いてきてくれたのですがそれは遠慮させていただきました、、)
 
いざ、ネクロポリスへ!!
 
f:id:tuncadfuisses-9:20180529190023j:image
 
どーん!!!!
 
めっちゃでかい!
近くで見るとこんな感じ!
 
f:id:tuncadfuisses-9:20180529190124j:image
f:id:tuncadfuisses-9:20180529190115j:image
 
ここも一応お墓らしいです。
 
目の前の丘に登って眺めるこの景色は素晴らしかったのと、ベルセポリスに比べると観光客もほぼいませんでした。
f:id:tuncadfuisses-9:20180529190356j:image
 
観光客がいないということは、タクシーもいません。
 
となるとこれしかないですよね。
 
 
f:id:tuncadfuisses-9:20180529190407j:image
 
 
 
1台.......
 
2台.....
 
3台...
 
 
 
 
 
どこ行くの!?Marvdasht?Shiraz?
 
 
4台目で拾ってもらいました!イランでヒッチハイクはかなり難易度低そうです。
 
Marvdashtのバスターミナルからシーラーズへ向かうからバスターミナルへお願いします!と頼んだのですが車はシーラーズ方面へ。
 
たまたまお兄さんの家がシーラーズだったらしく幸運にもネクロポリスからシーラーズの街中まで無料で帰ってくることが出来ました!!
 
f:id:tuncadfuisses-9:20180529190447j:image
 
奥さんの出身地は美人が多いから行けよ!!とひたすら勧められたんだけどどうしようかな、、
 
僕はラッキーでしたが、やり方次第ではかなり安く行くことは出来ると思います。
 
個人的に1番気に入ってるベルセポリスの写真
f:id:tuncadfuisses-9:20180529190553j:image
 
まじ怪物
こわい、、
 
 
 
第1位  ピンクモスク
 
第2位に時間かけすぎですね。
けどやっぱり1番良かったのはピンクモスクです。
f:id:tuncadfuisses-9:20180529190640j:image
f:id:tuncadfuisses-9:20180529190614j:image
 
朝は7:30から開いているのでその時間に行くのがオススメです。
その時間だと窓はまだ2つくらいしか光は入ってきませんが、何よりもほかの観光客がほとんどいません。
8時をすぎてくると窓は4つくらい。ただどんどん観光客は増え、9時前には団体のツアーの方々もいらっしゃいます。
 
冬に来れば反対側の壁まで届くらしく、ぜひリベンジしたい!
 
モスクを出てまっすぐ歩くとポストカードを買えるショップがあります。
f:id:tuncadfuisses-9:20180529190742j:image
f:id:tuncadfuisses-9:20180529190732j:image
 
男の子がかわいかったのと、綺麗なポストカードがたくさんありました。
 
 
さて、シーラーズの宿ですが、Couchsurfingを利用しました。
日本でも僕はホストとして使ってたんですが、いわゆる民泊で、旅人をただで泊めてあげるー!みたいなやつ。
 
シーラーズでは、たまたまホストがホテルの関係者で、Niayesh Boutique Hotelというホステルにタダで泊まらせてもらえることに!
ふつーに泊まると11ドルくらい。バックパッカーにもともと人気の宿です。
 
僕はそんなホステルに朝食代が3ドルなので実質1日3ドルで泊まれちゃいました!
3ドルで泊まれると宿泊費が気にならないから長居しちゃう(笑)
 
ホストのサムさんはめちゃくちゃいい人で僕はサムさんの家にも招待してもらいました!!
カウチサーフィンでシーラーズで調べると多分1番上に出てくると思います。
 
 
他にも色々楽しいとこが街中にあって、まわりやすいのですごく良かったです。ラマダンさえなければ。。
 
 
f:id:tuncadfuisses-9:20180529191614j:image
f:id:tuncadfuisses-9:20180529191600j:image