医者だって世界一周したいんです

医師免許取得後、世界一周する医者のたまごのブログ

ビシュケクからタシケントへ新しい路線のバスで行ってみた

こんにちは!

現在ウズベキスタンを旅してます。

今回ウズベキスタンタシケントまで、ビシュケクから深夜バスを利用して移動しました。

 

2018年5月から、公式に今までウズベキスタンの国境近くで降ろされていた深夜バスが、タシケント近くのバスターミナルまで行くようになったらしく、たまたま日本人として初めて新しい路線のバスに乗ることが出来ました!!

 

ビシュケクは西バスターミナルから出発します。

f:id:tuncadfuisses-9:20180509184248j:image

 

チケットはできる限り前日までにゲットしとくといいと思います。

意外とすぐ満員になってしまうっぽいです。

 

f:id:tuncadfuisses-9:20180509184333j:image

これがチケットという名のただのレシート。大事に持っときましょう。

 

22:00発で31番の座席です。

チケット売り場のおばさんは英語使えなかったですけどタシケント、ナイト連呼してたらなんとか伝わりました。

1050キルギスソムで今までのバスより少し高くなったっぽいです。

 

車内はこんな感じ

f:id:tuncadfuisses-9:20180509184632j:image

f:id:tuncadfuisses-9:20180509184651j:image

全く広くはないです。これで寝れるのかってレベル。

トイレはいつもどうりついてないです。

 

あと、大きな荷物は50ソムで預けます。

 

バスは定刻どうりに発車してまずはカザフスタンへ向かいます。

 

2時間くらいでカザフスタンの国境へ。手荷物だけを持ってあっさり入国オッケー!

 

その後、また同じバスに乗り込みバスに揺られること7時間くらいで次はウズベキスタンとの国境へ。

 

ウズベキスタンの入国は2018年2月から日本人はビザがいらなくなりました。

ただ税関申告書2枚、正確に持ってる現金を申告しないといけないという前情報があったんですが、税関申告書を書く場所と紙がなく、パスポートと荷物のX線検査のみで入れちゃいました!

出る時大丈夫なのかめちゃくちゃ心配、、

現金数えて色々準備したのに無駄になっちゃった

 

とにかくあっさり入国でき、また同じバスに乗り込んでタシケントへ。

途中で両替してくれるおじさんがバスに乗りこんで来てキルギスソムを両替してくれます。

レートは少しCurrencyのアプリより少しだけ悪いくらい。

今思えばここで換えとけばよかったですが、

降りたとこで両替出来ると思って断りました。

 

タシケントのどこまで行くのかすこし不安だったのですが、最終的に10時頃、市内からは少し離れたバスターミナルで降ろされました。

全部で12時間のバス旅でした。

 

f:id:tuncadfuisses-9:20180509185607p:image

 

ただ、さすが新しい路線。降りたとこに両替できるとこはまだありません。

なのでこれから利用する人は少しレートが悪くてもおじさんに両替してもらう方がいいと思います。

さらにさらに、タシケントの銀行ではキルギスソムの両替は断られました、、意味わかんない。

 

ちなみにウズベキスタンは闇レートの両替が有名ですが最近はもう銀行も闇レートに追いついたのでもはやどこで両替しても大きくは変わらないはずです。

 

たまたま一緒のバスに乗ってたロシア語ペラペラのドイツ人の旅人が助けてくれて、1ドルで鉄道駅まで行ってくれるように交渉してくれました。

 

まとめとしては、新しい路線、夜に変なとこで降ろされたりすることもなくほぼタシケント市内までいけるのでかなり良いと思います。乗り心地がもう少しよくなれば、、

 

タシケントは、見どころが少ないのと、ウズベキスタンに1週間しかいれないのでその日の夜にそのままブハラへ向かうことにしたので鉄道駅へ。

中央アジア初の鉄道!!

しかもベット付きの寝台列車

写真撮り忘れましたすみません。97000スム(10000スム=135円)で1200円くらいですが意外と快適でした。

f:id:tuncadfuisses-9:20180509190609j:image

いざブハラへ!

22時発で

朝6時40分に到着です。

おやすみなさい。